Location Photo Column

arrow

スタジオポストがおすすめするお参り撮影スポット7選。七五三&お宮参りで撮っておきたいポイントと準備物もご紹介

mainvisual

出張撮影で一番ご依頼が多いのが、やはり七五三やお宮参りです。
お子様の誕生や健やかな成長をお祝いする大切な1日は美しい写真で残したいことでしょう。ところがお詣り場所の選び方も、持ち物も、どうすればよいのかわからないという方も多いと思います。
そこでポストがおすすめするお詣り&撮影スポットと、ぜひ撮りたいシーン、あると便利なお持ち物をご紹介します。

東京近郊のお詣り撮影処7選

代々木八幡宮(東京都渋谷区)

都心にありながら落ち着いて自然の豊かさを感じられる神社です。
パワースポットとして知られる出世稲荷大明神があることから、お子様の大成を願うお詣りにもよい場所です。
石段や御神木などの撮影に適したロケーションも豊富です。

代々木八幡宮(東京都渋谷区)

日枝神社(東京都千代田区)

江戸三大祭りである山王祭が行われる神社です。
赤坂に位置しているのでアクセスが良く、秋には晴れ着姿のお子様で賑わいます。
賽銭箱の前には大きな碁盤が設けられ、草履を脱いだお子様がそこに正座すると、その愛らしい姿に周りの参拝者の顔もほころびます。
鳥居やのぼりが連なる階段を利用して、遠近や高低差を利用したショットも撮影することができます。

日枝神社(東京都千代田区)

多摩川浅間神社(東京都大田区)

古墳の上に創建された神社です。
本殿までは急な階段がありますが、有名な映画のロケ地になるほど絶景が見られ、多摩川の大パノラマをバックにした撮影が叶います。
都内で唯一、本堂が二階建ての「浅間造」と呼ばれる珍しい建築様式になっています。

多摩川浅間神社(東京都大田区)

亀戸天神社(江東区)

藤原道真公が祀られ、学問の神様として受験シーズンは特に人気の亀戸天神社ですが、七五三でも多くの人が訪れます。
神社を象徴する鳥居や太鼓橋は、一緒に撮影するとこの場所ならではのよい記念になります。
太鼓橋は想像よりも急勾配なため、大人がお子様と手を繋いであげましょう。
そんなふとした瞬間を残せるのも、ロケーション撮影のいいところ。
11月頃に開催される「菊まつり」では色鮮やかな菊が並び、着物姿を一層引き立ててくれます。

亀戸天神社(江東区)

京浜伏見稲荷神社(神奈川県川崎市)

日本最大級と言われる圧巻の鳥居が、閑静な住宅にそびえ立っています。
比較的新しい神社で、戦後に創建されました。
稲荷神社の象徴であるお狐様は人々に幸福をもたらしてくれますが、ここには108体の狐の像があり、その色づかいも様々。
お子様と一緒に、家族の誰かに似ている一体を探しても楽しいですね。
地元住民はもちろん、海外の旅行客からも親しまれています。

京浜伏見稲荷神社(神奈川県川崎市)

鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)

全国的に有名な鶴岡八幡宮。
都内からのアクセスも良好です。
源頼朝ゆかりの神社で、勝負運・出世運・恋愛運・生命力アップ・健康運・安産など多岐にわたるご利益から、平日でも多くの人が訪れます。
混雑しがちな本殿だけでなく、柳原池、舞殿前、流鏑馬馬場、二の鳥居、若宮大路など素敵なロケーションが多いので、様々なバリエーションでの撮影が楽しめます。

瀧泉寺 目黒不動尊(東京都目黒区)

お宮参りや七五三の起源は氏神様へこどもの誕生や成長を報告することとされていますが、現代では多くのお寺でも御祈祷を受けることができます。
仏教ではご先祖様の霊や仏様に感謝する目的で参拝します。
泰叡山護國院 瀧泉寺は1200年の歴史を誇る天台宗のお寺で、日本三大不動尊の一つとしても知られています。
普段は厳かな空気ですが、毎月28日には縁日が催され屋台が立ち並び境内も賑やかな雰囲気に様変わります。

瀧泉寺 目黒不動尊(東京都目黒区)

撮っておきたい撮影シーン

きっちりとした記念写真

着物で撮影する場合、まずは着付け後のできるだけ整っている状態で記念写真を残して置くのがおすすめです。
大人もこどもも歩いたり座ったりするうちに少しずつ着崩れしてしまいますし、体力的にも疲れてきます。
絶対に抑えておきたいカットはカメラマンもできるだけ早い段階で撮影することがほとんどです。

きっちりとした記念写真

手水舎の様子

手水舎でお浄めをするお子様の表情は、真剣だったり楽しそうだったり。
その子ならではの様子が残せます。
お宮参りでは赤ちゃんの小さな手をご両親がお浄めしている姿もとても素敵に写ります。

手水舎の様子

お詣りの様子

爪先立ちをしたり手を伸ばしたりしてお賽銭を入れようとする姿や、神妙な顔つきで手を合わせている姿は、お詣り当日だからこそ見られる一面ですね。

お詣りの様子

御祈祷中の様子

神社やお寺によっては、御祈祷中でも撮影が許可されることがあります。
いつもとは違う空気に緊張している様子や、キョロキョロ観察している表情なども、その子らしい姿を収めるチャンスです。
カメラマンが入室可能な場合は、ぜひ撮影してもらいましょう。

御祈祷中の様子

草履を履いた足元

草履が脱げてしまったり、それを自分で履こうとしたり、足元にも七五三の大切な記憶が詰まっています。

草履を履いた足元

象徴的なものと一緒に

千歳飴や番傘などの小物と一緒に撮ったり、御神木や鳥居などその場所を象徴する場所で撮影をすると,ご家族の思い出として記憶にも残すことができます。

象徴的なものと一緒に

お子様らしい元気な姿

ご祈祷や希望する撮影が終わったら、後は自由に動きながら撮ってもらうのもよいですね。
開放的な場所では思い切りはしゃぐお子様らしい写真は、ロケーションフォトだからこそ撮れるものです。

お子様らしい元気な姿

出張撮影では、お子様の様子やその場所の状況に合わせて最良の撮影ができるようにプロのカメラマンが段取りを組んでくれるので、基本的にはお任せをしましょう。
「こういう写真は絶対にほしい!」という要望があれば、予め具体的に伝えておくと安心です。

お詣り撮影をするときのポイント

プロカメラマンに出張撮影を依頼するときは、事前に施設の利用許可が必要な場合があります。
まずは撮影を検討している施設のサイトを検索し、わからなければ直接問い合わせしてみましょう。
施設によっては数百円~2,000円程度の使用料が必要なことも。
申請時はカメラマンの人数、撮影機材の量、場所の占有などを聞かれることがあります。
詳細はカメラマンに確認をしておきましょう。

「お詣り撮影の場所が決められない」「自宅近くでお参り撮影に適した神社はある?」など知りたいことがあれば、出張撮影サービスに問い合わせてみると相談に乗てくれるはずです。
スタジオポストのロケーションフォトでも、ご予約前のご質問を承っています。
これまでの撮影事例なども踏まえて、お客様毎に最適なお詣り撮影になるようにお手伝いをさせていただきます!

お詣り撮影であると便利なもの

公園などへのお出かけとは違い、着物で歩いたり静かにずっと座っているのはお子様にとっても大変です。
少しでも負担を取り除き、参加者みんなが楽しいお詣り撮影にするために、持っていくと便利なものをご紹介します。

履き慣れた靴と靴下

草履をが痛い、疲れてしまった、というときには、いつもの靴に履き替えられるといいですね。
靴下も一緒に準備しましょう。

ひとくちで食べられるもの

飴やラムネなどひとくちで食べられるおやつがあると、ちょっとの間、元気が続くかもしれません。
御祈祷や撮影には時間の制限があるため、ずっと食べ続けてしまうものや服を汚しそうなものは避け、少量ずつ口に入れてあげられるものがベターです。

ストロー

飲みやすく着物も汚しにくいペットボトル用のストローや曲がるストローは、あると便利なアイテムです。
ママや女の子は口紅が落ちてしまうことも妨げます。

防寒対策グッズ

本殿の中はコートを羽織れないことがほとんどです。
ストールを用意したり、着物の下にレギンスなどを履かせてあげましょう。

着替え

お詣りと撮影が終わったら洋服に着替えさせてあげると、お子様は身体の負担が減り、大人もホッと安心できますね。
お食事会などをする場合も、着物の汚れを心配する必要がなく、帰宅時も楽チンです。

ヘアピン

お詣りや撮影中にヘアセットが崩れてしまうことも。
ヘアピンがあればサッと手直しをしてあげることができます。

クリップや洗濯ばさみ

着物が崩れてしまったときも、クリップや洗濯ばさみで簡単な応急処置をして撮影をすることができます。

タオル

着付けの知識が少しある方なら、タオルがあれば簡易のお直しができます。
また、飲み物を飲むときに胸元に当てたり、ちょっと座る場所につくってあげることもできるので、いくつか持っておくと重宝します。

最後に

七五三やお宮参りは祖父母が集まることもあり、ご家族にとっては大きなイベント。
下調べをしたり、予約をしたり、準備はとても忙しいですよね。
撮影の手配もするとなると、更にやることは多くなります。
でもその分、記念の写真は大切な宝物になるはずです。
お詣りと同じ日に撮影をすることが負担だと感じるのであれば、お詣りの前後にスタジオで前撮りや後撮りをするのもいいですし、お詣りの思い出を記録したいのであれば、まずはカメラマンに相談してみましょう。
スタジオポストのロケーションフォトでは、スタジオ撮影とロケーション撮影がセットになったプランや、お着物のレンタルつきのプランもご用意しているので、一括で準備したいという方にもオススメです。
ご家族の大切な1日が一生の記念になりますように!