出張撮影であるといいもの一覧!服装アドバイスもテーマ別に教えます

出張撮影であるといいもの一覧!服装アドバイスもテーマ別に教えます

最近人気のロケーション撮影。
特に「人とは違う写真が撮りたい!」というパパママに選ばれています。
「でも外で撮影するのって、スタジオと違って自分で衣装も小物も準備しないといけなくて大変そう…」
「撮影中は手荷物はどうするの?」
「足りないものがあったときに困りそう!」
そんなあなたに、撮影のシチュエーション毎に必要なものや、あればちょっと便利なものまで、すべてお見せします。
これをチェックして、準備万端で撮影に出かけましょう!

お宮参り/七五三撮影の服装と準備

大人の基本は正装

本来の目的はあくまでも「お参り」です。
神社という場所に相応しい服装で臨みましょう。
着物もしくはスーツやきれいめのワンピースなどが基本です。
産後すぐのママは、ご自身の体調や授乳のタイミングを考慮して、負担のない範囲で選ぶといいですね。
七五三の場合は、ご家族全員でお着物を着ても、よい記念になりますよ。
パパやママが着ることで、お子様もスムーズに着てくれるかもしれませんね。

お子様は可能な範囲でおめかし

お宮参りの場合、赤ちゃんは季節に合わせて負担の少ない服装にしてあげましょう。
掛け着やベビードレスが正装ですが、あまり厳密にこだわらなくても、白や淡いパステルカラーの服であれば良いとされています。
暑い季節であれば、掛け着の下は肌着でも構いません。
最近では、手軽に着せられてお宮参り後にも使える袴ロンパースも人気です。
七五三の場合は着物に挑戦してもいいですし、お子様の体力が心配であれば、動きやすいフォーマルな洋装でもいいでしょう。
その場合はスタジオで前撮りや後撮りをすると、着物の写真も残すことができるので、おすすめです。
スタジオポストのロケーションフォトでは、スタジオ撮影とロケーション撮影がセットになったプランや、お着物のレンタルつきのプランもお選びいただけます。

手荷物をまとめる袋

赤ちゃんを抱いたり掛け着をつけている人は、荷物を持つことができません。
紙袋やサブバッグを用意しておくと、身の回りのものをひとつにまとめて他の人が持つことができるので便利です。
七五三でも、御祈祷でいただいたものなどを入れられる袋があるといいですね。

ハンカチ

掛け着をつけたり着物を着ていると、大人もこどもも想像以上に汗をかきます。
写真撮影の時にスムーズに取り出せるようにしておくと慌てません。
赤ちゃんの口元を拭えるガーゼも用意しておきましょう。

履き慣れた靴と靴下

お子様が草履を嫌がったり疲れてしまったときには、履き慣れた靴に替えても大丈夫です。
靴下もお忘れなく。

お参り撮影についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。

入園/入学撮影の服装と準備

式に着ていく服で撮影

入園式や入学式の当日であれば、出席する服装での撮影になります。
ちょっと大きめの制服や帽子、新品で傷のない綺麗なランドセルは、ぜひ撮ってもらいましょう。
前撮りや後撮りの場合は、制服やランドセル以外にも、レッスンバッグや体操着袋などの小物も持参して一緒に撮ってもらうのがおすすめ。
パパやママがひとつひとつ準備した持ち物は、写真でずっと残したいですね。
きょうだいがいる場合は、写真全体のバランスが取れるように、きれいめな服を合わせましょう。

余裕があればカジュアル服でも

前撮りや後撮りで撮影時間が充分にあれば、入学式のフォーマルな服装だけでなく、カジュアル服に着替えてのショットも撮れるか、事前にカメラマンに確認をしてみましょう。
かしこまったスーツやワンピースの撮影では緊張してしまうお子様も、普段の服で撮る頃には、きっといつもの笑顔になっているはずです。
写真のバリエーションも増え、見応えもアップします。

撮影開始時間について

式当日に撮影をする場合は、カメラマンに来てもらう時間をよく検討しましょう。
式の前はパパもママも朝から慌ただしくなりがちです。
また人気の正門前での撮影はとても混み合うため、希望する場合は余裕を持っておくか、他の人が終わったタイミングを見計らうと安心です。
どうしても混雑しているようであれば、背景に桜の入るスポットや写真映えのするアングルなど、カメラマンからも臨機応変に提案をしてくれるはずです。

家族撮影の服装と準備

場所に合ったお気に入りの服

写真を見返したときに、服もそのときの思い出になるので、基本的にはお気に入りのものを選ぶとよいでしょう。
もし迷ってしまう場合は、トップスの色を明るくすると、お顔が綺麗に写ります。
ご家族でテイストを合わせるときは、完全に同じでなくても色のトーンを揃えたりアイテムをリンクさせるといいですね。

敷物

屋外で撮影をする場合は、荷物を置ける敷物があると便利です。
公園内で移動をする際は身軽な方が楽なので、可能であれば撮影に使わない荷物は車に置いたりコインロッカーに預けましょう。
ピクニックの様子を撮影してもらう場合は、レジャーシートの色柄は明るいトーンや主張しすぎない柄のものだと、お顔写りがよくなります。

お気に入りのおもちゃ

ボールやバランスバイクなど、普段よく遊んでいるものがあれば、ぜひ一緒に撮ってもらいましょう。
お子様が自然な表情になるだけでなく、数年後に写真を見返した時に「あの頃よくこれで遊んだね」という思い出にもなります。
しゃぼん玉は写真の仕上がりにも効果的なのでおすすめです。

着替え

楽しく遊びながら撮影していると、お子様の服が汚れてしまうことも考えられます。
撮影に使用できる予備の着替えを持っていきましょう。

公園での家族撮影についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。

自宅撮影の場合

持ち物は不要ですが、逆に何を準備すればよいのかわからないという声も聞きます。
その場合は、撮影のテーマを改めて考えてみましょう。
誰かのお誕生日記念であれば、その様子がわかるようなお誕生日ケーキやプレゼントを用意したり、ガーランドなどを飾ると、よい記念になりますね。
自然な日常風景を撮影してほしいということであれば、お子様の好きな工作をしたり、一緒に料理をしたり、あまり気負わずに過ごすと、大人もこどももリラックスした空気でご家族らしい写真が残せます。

最後に

撮影に必要なものがすべて揃っているフォトスタジオと違って、屋外撮影は自分で準備をするというハードルがあります。
でも、ポイントを押さえればいつものお出かけとそんなに変わらずに、素敵な写真を残すことができます。
わからないことがあれば、まずはプロに相談してみるのが一番。
ご家族の大切な記念日が宝物の写真になりますように!

文:スタジオポスト