「お宮参り」はいつ?服装は?神社は?祖父母は?最近の「お宮参り」についてお答えします!

「お宮参り」はいつ?服装は?神社は?祖父母は?最近の「お宮参り」についてお答えします!

「お宮参り」は、赤ちゃんが誕生して無事に1か月を過ごせたことに感謝し、これからの長寿と健康ををお祈りする行事です。初めて赤ちゃんを連れてのお出かけという方も多いのではないでしょうか。しかし、1か月の赤ちゃんのお世話で忙しい中、準備は大変なことと思います。
フォトスタジオにいらっしゃるお客様のお宮参りのご様子や、私のお宮参り経験談も交え、最近のお宮参り事情、準備について参考になれば幸いです!

そもそも「お宮参り」とは?

お宮参り
お宮参り

「お宮参り」という行事が始まったのは鎌倉時代で、現在のように神社に行き、ご祈祷を受けるようになったのは室町時代だそうです。
生まれたばかりの赤ちゃんを土地の氏神様に参拝させて、新しい氏子として祝福をうけるという意味がありました。現在では、赤ちゃんが無事に産まれたことを感謝し、長寿と健康をを祈る行事として行われています。

いつ行くの?

一般的には男の子は生まれて31日目、女の子は生まれて32日目に参拝するとされています。日数は赤ちゃんが誕生した日をカウントして数えます。
しかし、赤ちゃんの生まれた時期が暑い時期、また寒い時期ですと、神社に連れていくのは難しい場合がありますよね・・
必ずしも生後一ヶ月ごろに参拝しなければいけないというわけではありません。現代では赤ちゃんやママの体調、季節によってなど、ご都合に合わせ決めていただければ良いとされています。
【豆知識】
地域によっては100日前後に「百日祝い(お食い初め)」の頃に行う場合もあるそうです。
私の生まれた地域がそうだったことも有り、初夏と冬生まれの息子と娘は、東京出身ですが、気候の良い日の100日前後の気候の良い日に行いました。3か月過ぎると、表情も出る頃でしたので、ニコニコ笑顔の写真が撮れ、良い思い出となっています。

お宮参り

神社はどこに?予約は必要?初穂料(ご祈祷料)はどのくらい?

お宮参り

一般的には地域の氏神様である神社で行いますが、お気に入りの神社や有名な神社で行う方も増えています。フォトスタジオで撮影する場合は、撮影後スタジオ近隣の神社にお参りに行かれる方もいらっしゃいます。
また、ご祈祷をお願いする場合は、事前予約が必要な場合が多く、神社によっては曜日や時間が決まっていることもあります。ホームページや電話で事前確認しておくことをお勧めします。
【お役立ち情報】
ご祈祷をお願いする場合は、ご祈祷料にあたる初穂料(はつほりょう)が必要です。相場は5,000~10,000円位のところが多いようです。金額は予約時に神社に確認しましょう。最近ではホームページに掲載しているところもあるようです。のし袋(金封)に包んで、神社にお渡します。

赤ちゃんの着物はどんなものを用意するの?

お祝い着
お祝い着

赤ちゃんの着物は一ツ身という「祝い着」を用意します。
男の子の場合「熨斗目模様」で鷹や兜・武者などの柄が多く、黒色や紺色・灰色・白色、女の子は「友禅模様」で、蝶や手毬・花の柄で、赤色や桃色が多いです。
着せ方は、赤ちゃんと抱っこする方を包むようにして、背中あたりで紐で結んで着せてあげます。
赤ちゃんは、ベビードレスや産着など快適なものを着てから、祝い着をかけるのが一般的になっています。

>「祝い着」の綺麗な着せ方 出典:ナイスベビーラボ

【お役立ち情報】
最近はベビードレスでお宮参りする方も増えているそうです。可愛いだけでなく、動きやすさも人気の理由です。
お宮参り

大人の服装は皆さんどうしてるの?

ご両親や祖父母の服装は、フォーマルであれば問題ありません!ママが和服を着る場合もありますが、最近では準備のしやすいスーツやワンピースであることが多いようです。
授乳のしやすいお洋服は、ママにも赤ちゃんにも快適かと思います。

祖父母には参加してもらう?

昔は、赤ちゃん、父親、父方の祖父母だけで行かれたそうですが、最近は両親、ご両家の祖父母と一緒に行かれることが多いようです。
大切な赤ちゃんの成長を家族や親戚皆でお祝い出来る事は喜ばしいことですよね。
【豆知識】
スタジオに撮影にいらっしゃるご家族も、赤ちゃんとご両親だけでいらしたり、祖父母もご一緒にいらしたりと様々です。
スタジオポストではご家族の集合写真はもちろんの事、ご両親と、ご兄弟と、祖父母となど様々なバリエーションで撮影することが可能です。祖父母さまとの写真は記念になり、大変喜ばれますので、お越しいただく事が可能な場合はお声がけいただく事をお勧めします。
また、神社にカメラマンに来てもらっての出張撮影もおすすめです。
撮影が可能な神社であれば、ご祈祷中の様子や、境内での集合写真など記録に残すこともできます!

これで安心☆当日の持ち物リスト

□初穂料(ご祈祷料)
□祝い着
□ミルク、哺乳瓶
□授乳ケープ(必要な場合)
□オムツ、おしりふき
□着替え
□ミニタオル、ウエットシート
□スタイ
□保険証、母子手帳
□ゴミ袋

【お役立ち情報】
荷物も多いので、広い境内の神社ではベビーカーがあると大変便利です!

最後に

1か月の赤ちゃんを連れてのお出かけは、気を遣うことも多いですが、少しでも参考になれば幸いです。
ご家族皆様にとって、思いで深い「お宮参り」になりますように・・

文:スタジオポスト